クレーム対策に説明文にはデメリットも盛り込むと良い

ネット副業には、色々注意すべき点があります。買ってくれる人物からのクレームは要注意です。大きなクレームが来ると、対応するのも大変です。せどりなどで稼ぎたい時は、商品のデメリットも明記しておく必要があります。

せどりの商品説明ページ

せどりは、高収入になる可能性を秘めているのです。売れ行きにも左右されますが、きちんとリサーチを行っておけば、かなりの収益になるケースも少なくありません。
ところで、せどりで物を売るためには商品説明ページも作る必要があります。カメラなどを売るのであれば、どのような性能であるかを確認した上で、ページを作ることになるのです。
そのページを作るのは、手間はかかります。しかし後々のトラブルなどを考慮すると、ページは丁寧に作っておくに越した事はありません。快適にせどりを楽しむ為にも、一手間かけてページを作っておくと良いでしょう。

説明ページにデメリットを書く

商品説明ページで重視すべき点は、もちろん商品画像です。というのも多くの方々は、画像を材料に商品選びをしています。画像を見てみれば、状態が綺麗な商品であるかもすぐに分かりますから、画像にはこだわるべきでしょう。
そしてもう1つ重視すべきなのは、商品のデメリットです。何らかの欠点があるなら、それも盛り込んでおく方が良いでしょう。
例えばカメラを売りたいとします。ただ売りたいカメラには1つ問題点があって、一部に目立つ傷があります。
そのカメラを売りたい時は、商品説明文にも「傷はあります」と書いておくべきです。つまりデメリットを明記しておく訳です。

デメリットを書いてクレームを防ぐ

説明文にデメリットを明記する際、多くの方々は抵抗感を覚えています。傷があるとなると、商品の売れ行きが悪くなってしまう可能性もあるからです。
しかし本当に商品を求めている方は、多少の傷は気にしません。確かに見栄えは悪くなりますが、その分安く買える訳ですから、多少の傷があっても買ってくれるケースも多いです。本当に良い商品であれば、たとえデメリットがあっても売れる訳です。
また説明文にデメリットを明記しておくのは、クレーム防止策になります。デメリットを隠しながら売ってしまいますと、相手からクレームが来る可能性もあります。クレーム処理は時間がかかるでしょう。ですが正直にデメリットを書いておくと、そのクレームが来る確率が大幅に下がるというデータもあります。
せどりを楽しむにしても、やはりクレームが来ないのが一番です。楽しむためにも、説明文にはデメリットは書いておく方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*